砂漠肌にさよなら!乾燥肌のためのプラスαスキンケア特集

洗顔

ここでは、乾燥肌に適した洗顔選びのポイントや注意点、イチオシの洗顔アイテム5製品をご紹介します。

乾燥肌の洗顔選びのポイント

クレンジングの役割が「皮膚の表面の汚れを取り除くこと」だとしたら、洗顔の役割は「毛穴の汚れを取り除くこと」が目的。

でも、洗浄力の強い洗顔料は肌に必要な皮脂までも一緒に洗い落としてしまうことに…。

洗顔後はすっきりした爽快感が欲しいところですが、乾燥肌の場合は合成界面活性剤を使っているような洗浄力が強すぎる洗顔料は避けますしょう。

クレンジングにしても洗顔にしても、多かれ少なかれおはだのバリア機能を保つ皮脂膜や細胞間脂質、天然保湿因子などが流されてしまうので、できればワンセットで済ませられるダブル洗顔もアリです。

最近はメイク落としと洗顔料が一体型になった「ダブル洗顔不要」の洗顔料もあります。

これは、メイク汚れと皮脂汚れを両方落とすことができるので洗顔料で落とすべき汚れもしっかり対応。こうしたダブル洗顔不要なものを使ってみるのも良いかもしれませんね。

ここに注意!乾燥肌さんは丁寧に優しく洗顔しよう

肌の乾燥が気になる時にしっかり洗顔をしてしまうと、余分な皮脂まで洗い落としてしまう可能性があります。洗い過ぎは厳禁です!

乾燥肌の人は、洗顔料を使って洗浄するのは夜だけにして、朝は水やぬるま湯ですすぐ程度にしておきましょう。

石鹸や洗顔料を使って洗顔する時は、とにかく優しく、こすらないこと。よく泡立て、指が直接肌に触れないように気を付けながら、できるだけ短時間で済ませるよう心掛けましょう。

乾燥肌さんにおすすめのクレンジング3製品

数ある洗顔の中で、私が特におすすめしたいアイテムを紹介します。

「ドクターシーラボ スーパーウォッシングフォームEX」

ドクターシーラボ スーパーウォッシングフォームEX 画像国内初、海洋性コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドの3大保湿成分をnカプセル化した洗顔料。

無香料・無着色・無鉱物油と肌に負担をかけない低刺激にこだわっています。

肌の健康維持に欠かせないビタミンもたっぷり。ほんのり温かくなる温感タイプで、洗顔後は肌が明るくなると評判です。

乾燥肌の方の口コミ

  • もちもちとしたきめ細かな泡がとても気持ちいいです。
  • ちょっとサッパリし過ぎかな?という印象もありますが、洗顔後は肌がワントーン明るくなるので続けています。洗い流した後はすぐに化粧水をつければつっぱることもありません。
  • 刺激がないので肌が弱い私でも安心して使えます。乾燥も気にならなくなりました!

【ドクターシーラボ「スーパーウォッシングフォームEX」基本DATA】

  • 販売元:ドクターシーラボ株式会社
  • 価格:90g 2,862円

「米肌 肌潤石鹸」

米肌 肌潤石鹸 画像米ぬかや大豆発酵エキス、ビフィズス菌などの発酵成分をたっぷり含んだ濃密泡石鹸。

保湿成分が多く含まれているから洗い上がりはしっとり。肌に負担をかけずにメイクや毛穴の汚れをすっきりオフできます。

ブースター効果もあり、化粧水や美容液の浸透力もUP!

乾燥肌の方の口コミ

  • 泡立ちがよく肌触りが気持ちいいです。泡が口に入っても刺激がなくて、びっくりしました!
  • 本当に化粧水の浸透が違います!ふわふわ泡なので、洗うのが毎日楽しくなる洗顔です。
  • 冬場の乾燥対策には欠かせません。泡立ちが良いのに、お風呂場に置いておいても型崩れしないし、使いやすいです。

【米肌「肌潤石鹸」基本DATA】

  • 販売元:コーセープロビジョン株式会社
  • 価格:80g 3,500円

「ヒフミド モイスチャーフォーム」

ヒフミド モイスチャーフォーム 画像

一般的な化粧品で使われているセラミドの3倍の保水力をもつ「ヒト型セラミド」を配合した洗顔料。

肌に潤いを与えながらやさしく洗い上げてくれます。

ポンプ式で泡立て不要なのも衛生的で◎。

泡立てが苦手な人でも手軽に濃密泡での洗顔ができます。

乾燥肌の方の口コミ

  • 洗顔フォームだけど、ほとんど石鹸と言っていいほどのマイルドな作りです。ベタつかないのに保湿もできるのが嬉しいです。
  • ほわほわとした泡が肌に優しく馴染みます。刺激に敏感な私でもトラブルなく使えています。
  • 洗顔を変えただけで、肌が劇的に変わりました!朝のメイクのノリが違います!

【「ヒフミド モイスチャーフォーム」基本DATA】

  • 販売元:コーセープロビジョン株式会社
  • 価格:150mL 2,700円

 これらのブランドの保湿力を比較したランキングを見る

pagetop