砂漠肌にさよなら!乾燥肌のためのプラスαスキンケア特集
乾燥肌スキンケアおすすめランキング » 乾燥肌改善のためのお手入れナビ » ガサガサの敏感肌をしっとり肌にするには?

ガサガサの敏感肌をしっとり肌にするには?

肌のカサカサや赤み、粉ふきに悩まされている方。これは、乾燥肌と敏感肌が組み合わさった「敏感性乾燥肌」と呼ばれる状態。肌トラブルの原因や改善法、おすすめのスキンケア法を覚えておきましょう。

敏感性乾燥肌の人が行うべき正しいお手入れ法

敏感性乾燥肌は、皮膚が傷んで乾燥している状態。普通の人では刺激にならない衣類でも肌が痒くなったり、赤くなったり、しみたりします。

この原因は、肌の一番外側にある表面の角質層がしっかり積み重なっていないから。

角質層は、レンガを積み上げたように角質細胞が積み重なっていて、これがしっかり積み重なっていると化粧のノリが良くなります。

ところが、敏感性乾燥肌の人は、細胞同士にすき間があるため、水分の蒸発やアレルゲンの侵入を招いてしまいます。だから、乾燥や刺激に弱くなってしまうのですね。

セラミドは細胞同士のすき間を埋める働きが!

敏感性乾燥肌の改善で大切なのは、細胞同士のすき間にセラミドがしっかり満たされているかということ。

セラミドは、細胞のすき間をぴったりと埋めると同時に、水分を挟み込んでキープします。

つまり、敏感性乾燥肌を改善するにはセラミドを増やして貧弱な角質細胞をカバーしてあげればいいだけ。

これにより、外からの刺激が緩和され保湿状態も続くため、さらに肌が強くなるというサイクルができていきます。

敏感性乾燥肌のおすすめスキンケア

敏感性乾燥肌はとにかく乾燥状態を救ってあげることが先決です。

保湿しているのに肌の状態が良くならないという人は、保湿の仕方が間違っている可能性も…。

例えば、化粧水と乳液で違うブランドやラインを使っていて効果が薄れてしまっていたり、夏の汗をかく時期に保湿を中断してしまったり。

基本的に、化粧水と乳液はセットで使って効果が最大化されるように作られているのでライン使いがベストです。

また、夏場は汗で乾燥を感じにくいだけで肌の内側は乾燥しています。夏場のスキンケアはさっぱり系の保湿系コスメを使い肌のバリア機能をしっかり整えてあげましょう。

肌のバリア機能を高めるには、ワセリンやスクワランなどの油性成分が入ったクリーム等でケアをすると効果的。

肌の皮脂に近く、外からの刺激や水分蒸発防止効果も期待できますよ。

pagetop