砂漠肌にさよなら!乾燥肌のためのプラスαスキンケア特集

乾燥を引き起こすスキンケアNG集

間違ったスキンケアで乾燥肌に?頑張っているつもりでも、実は肌を痛めてしまうスキンケアがあります。あなたのお手入れは大丈夫でしょうか?今一度チェックしてみましょう。

そのやり方で大丈夫?乾燥肌を引き起こすNGスキンケア

NG!1分以上のクレンジング

メイクを強力に落とすクレンジング。ついじっくり時間をかけたくなるけど、長い時間のクレンジングは肌の保湿成分まで洗い流してしまうことも。クレンジングはなるべく短い時間で済ませましょう。

NG!石鹸の泡でゴシゴシ洗う

ゴシゴシこすってしまうと肌に負担がかかり、乾燥肌の原因に。

洗顔料でモコモコの泡をつくり、スポンジを軽くプッシュするように優しく洗い、たっぷりの水またはぬるま湯でキレイにすすぎ洗いをしましょう。

NG!風呂上がりの肌のお手入れを後回しにする

お風呂上りの水分をたっぷり含んだ肌を、そのまま自然乾燥させるのはNG!大事な保湿成分まで蒸発させるので、乾燥肌が悪化してしまいます。タオルで優しく拭いたら、すぐに化粧水や乳液で保湿しましょう。

軽く水分が残っている状態で保湿するのがベストです。コットンパックなどの保湿ケアの後も同じく、すぐにクリームなどで“蓋”をして下さい。

NG!しっかり目のマッサージ

マッサージそのものは新陳代謝を活発にするので、乾燥肌にも効果があります。ただし、力いっぱいこするとかえって肌にダメージを与えてしまうのでNG!

マッサージを始める前に必ずクリームや美容オイルなどを塗って、指の腹を使って、ゆっくり丁寧に撫でるようにマッサージしましょう。

NG!熱めのお風呂でデトックス

肌内部にあるセラミドは、42℃以上になると機能が崩れてしまうデリケートな保湿成分。高温のお湯で長風呂したり熱い水のシャワーを浴びると、セラミド本来の保湿機能を発揮できなくなってしまいます。入浴の際はなるべく、38~39℃のぬるめのお湯で、ゆっくりつかりましょう。

NG!長時間の保湿パック

手軽に集中保湿ができるアイテムとしてお馴染みのシートマスクですが、長い時間つけ置いたり、付けたまま寝るのはご法度!マスクが乾燥してくると、肌の水分まで蒸発してしまうので、逆効果になってしまいます。

商品に記載されている使用時間を守り、正しく使いましょう。

NG!生活習慣も乾燥肌の原因に

生活習慣によって乾燥肌が悪化してしまうこともあります。基本は睡眠をたっぷりとり、栄養バランスのよい食事をとってストレスを極力なくすことが、健康な生活が美肌作りの基本です。

NG!喫煙

タバコは肌にとっても百害あって一利なし。血行が悪化し、ビタミンを壊してしまうので肌のくすみ、乾燥を招きます。

NG!ストレス

「ストレスは顔に出る」という言葉どおり、ストレスはダイレクトに肌に影響を与えます。ストレスを受けると体内に大量の活性酸素を生み出し、肌のミネラルを奪ってしまいます。

ストレスが酷い時に乾燥肌が悪化することはありませんか?心当たりがある方は、まずストレスを和らげる環境づくりを。

NG!夜更かし

午後10時から午前2時は、成長ホルモンによって肌細胞が再生される肌の“ゴールデンタイム”。この時間はなるべく体を休めるようにしましょう。美肌に睡眠不足や不規則な生活はNGです。

NG!食生活

十分な栄養によって質の高い肌細胞が作られます。バランスの良い食事をとって、細胞の元となるミネラル・アミノ酸・ビタミンをしっかり摂りましょう。

当たり前ですが不健康な生活は、肌も不健康。無理なダイエットやリバウンド繰り返すと肌のハリが失われてしまいます。

 

pagetop