砂漠肌にさよなら!乾燥肌のためのプラスαスキンケア特集

パリパリ・粉粉にならないメイク術

化粧ノリが悪い、化粧後もすぐ乾燥してしまう…とお悩みの乾燥肌の方はメイク前にしっかりとしたスキンケアが必要です。ここでは、乾燥肌の人でもパリパリの粉粉肌にならないメイク術をご紹介したいと思います。

保湿にこだわったメイク用品を選ぼう

肌が乾燥しやすい、いわゆる乾燥肌という方にとってメイクのお悩みは尽きません。肌が乾燥していると、つっぱった感じがしたり、外的な刺激を受けやすくなりますので、しっかりと保湿をしてからメイクをするか、潤いを保てるメイク術を身に着けるのがお肌を守るには欠かせません。

スキンケア化粧品は多くの種類がありますが、乾燥肌対策のものなら、より保湿力が高いので、そうした商品を選んでみるのも良いでしょう。それから、乾燥肌の方の場合はメイクがきれいに仕上がらないということも悩みとなっています。

仕上がりが粉っぽくなったり、小じわが目立ってしまうようではせっかくのメイクの効果も得にくくなりますので、こちらも対策は考えておく必要があります。

まず、メイク前のスキンケアは丁寧に行い、しっとりと肌を潤しておきましょう。目元などは特に小じわが目立ちやすいので、アイクリームや専用の美容液で保湿を行っておきます。

特にファンデーションは大切ですが、パウダリータイプのものを乾燥肌の人が使ってしまうとさらに乾燥が進んでしまいます。

それゆえにファンデーションを選ぶ際には、クリームタイプなど保湿効果の高いものを選んでおきたいところです。リキッドタイプを選ぶ場合も美容成分が豊富に含まれているものを選んでおくと保湿効果も高まります。

ファンデーションの前には下地をつけますが、このときもコラーゲンやヒアルロン酸など保湿効果の高い成分が入っているものを選んでおくと良いでしょう。

ファンデーションの仕上げにはフェイスパウダーを使うことが多いですが、このときも乾燥しにくいタイプを選び、つけすぎには注意しましょう。

pagetop