砂漠肌にさよなら!乾燥肌のためのプラスαスキンケア特集

乾燥肌なのにテカるのはナンデ?

乾燥肌なのに、なぜかテカる・・・。そんな、インナードライ肌の原因と改善方法やおすすめのスキンケア法をご紹介しましょう!

インナードライ肌(乾燥性脂性肌)の改善法

表面はテカテカなのに内側はカサカサ、その理由は、肌の表面は皮脂でテカテカなのに、お肌の内側が乾いている状態をインナードライ肌と言います。

肌のキメがあらく目の周りやくちの周りに細かいシワがある、化粧くずれしやすい、部分的に肌がつっぱるといった傾向があります。別名、乾燥性脂性肌とか混合肌とも言われていますね。

実はこれ、肌の水分が足りていないために、肌が皮脂を一生懸命分泌している状態なんです。

インナードライ肌の原因は、ずばり乾燥。脂でテカってしまうと油とり紙で皮脂を拭き取ったり、洗顔を入念にしたりしがち。

でも、皮脂を取ってしまうと肌の乾燥はひどくなる一方。さらにバランスが崩れて症状が悪化する事態に・・・。

インナードライの改善におすすめのスキンケア法

まず、最初に心掛けたいのが皮膚の水分量を増やすこと。お肌の保湿ですね。

肌のバランスが崩れているとお肌は敏感になるので、あれもこれも美容成分が入っているようなタイプではなく、保湿成分を絞ったシンプル処方のスキンケアがおすすめ。

合成界面活性剤が入っている洗顔料は、洗浄力が強すぎるのでNG。皮脂を根こそぎ奪ってしまい角質のバリア機能が低下してしまう危険があります。

また、洗顔の時にはお湯が熱すぎると皮脂が取られてしまうので、30~35度のぬるま湯で洗うのがベスト。

洗顔後は浸透力の高い保湿用ローションをたっぷりつけてお肌に潤いを与えてあげましょう。化粧水でお肌の内側をケアした後は乳液やクリームで油膜のフタをするのをお忘れなく!

洗顔からスキンケアの間に時間が空いてしまうと肌から水分が一気に抜けてしまうので、洗顔後1分以内に化粧水をつけはじめ、数分以内に乳液orクリームをつけるくらいの素早さが肝心です。

とにかくインナードライ肌に皮脂対策は厳禁!

保湿対策を徹底してお肌の油分と水分のバランスを整えましょうね!

【コラム】過度なお手入れが原因!いま急上昇中のビニール肌かも

輝くツヤッツヤの肌はみんなのあこがれ。でも、それが陶器のようななめらか肌ではなく、テカテカした肌だとちょっと不自然ですよね。

ビニール肌の原因は、ズバリ「間違ったスキンケア」。過度の洗顔やクレンジング、メイクの落とし忘れ等があげられます。

そして、ビニール肌のやっかいなところは、その原因に気づいていない方が多く、誤ったスキンケアを繰り返してしまうこと。

「乾燥しているのに、肌はテッカテカ。なんだか肌がべたついているみたい」と思い込み、スクラブやピーリングをしすぎると、肌のターンオーバーが早まり、角質層が薄くなってしまいます。

成長途中の角質細胞が未熟な状態で角質層を形成してしまうので、角質を落とす分解酵素も十分に分泌されず、余分な皮脂を外に排出できず、ニキビや炎症を引き起こすのです。

肌のためにいろんなお手入れをしている人ほど、ビニール肌に陥りやすいというわけです。

ビニール肌改善のカギは“肌への負担を抑えたスキンケア”

ビニール肌の改善で最も大切なことは、肌に刺激を与えないこと。

洗顔後のタオルドライや、汗を拭くときに顔をこするのはNG。肌に塗る基礎化粧品は、低刺激で添加物の少ない、肌に優しいタイプのスキンケアを選ぶと◎です。

改善がみられるまでは、オイルクレンジングをお休みし、ナチュラルメイクを心がけてみて下さい。顔を洗う時も、多少ベトベト感が残るくらいを意識してみましょう。

もともとの原因が間違ったスキンケア。スキンケアを見直して肌に優しいスキンケアを使うだけでも、ビニール肌は改善できます。

時間をかければ角質層がすくすく育ち、ふっくらとしたトラブル知らずのもっちり肌に育てることができますよ。

pagetop