砂漠肌にさよなら!乾燥肌のためのプラスαスキンケア特集
乾燥肌スキンケアおすすめランキング » 乾燥肌改善のためのお手入れナビ » 乾燥肌なのにニキビ…スキンケア法は?

乾燥肌なのにニキビ…スキンケア法は?

乾燥肌でもできるニキビのスキンケア方法について紹介します。

保湿重視のスキンケアでニキビ改善を

乾燥肌のくせにニキビができちゃったというお悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

肌のトラブルはさまざまあり、悩みに合ったスキンケアが必要になりますが、年齢を重ねた肌には特に保湿ケアが重要になってきます。

乾燥肌でもニキビができる理由

その理由は水分を含んだ肌の方がハリを保てるからですが、現代では冷暖房の影響や強い紫外線などで肌の乾燥を招くことが多くあります。乾燥肌はさまざまな肌トラブルを引き起こしますが、その中の一つがニキビです。

皮脂分泌が盛んな学生さんや、皮脂が多い人ができると言うイメージが強いのですが、乾燥肌でもできるのはなぜなのでしょうか。ニキビの原因は毛穴に皮脂が溜まり、詰まってしまうことです。

乾燥肌の場合、皮脂分泌が少ないため肌のバリア機能が低下しており、角質層にある水分が蒸発しやすいのです。肌の潤いを補おうとして皮脂を分泌し、バリア機能が低下した肌の毛穴を詰まらせる原因となるのです。

余分な刺激を与えずに、しっかり保湿ケア

このため、さっぱりタイプや皮脂を取るタイプのスキンケア化粧品を使うのではなく、しっかりと保湿ケアをすることが大切なのです。

化粧水で水分をたっぷりと入れた後、乳液などでしっかり蓋をします。美肌ケアにとって水分と油分のバランスが重要なので、しっかりと潤してあげることです。

また、気をつけなければならないのは乾燥肌の場合、肌が敏感になっていることが多いため、こすったり力を入れすぎてしまうことで肌にダメージを与えてしまいます。そしてさらに乾燥してしまうことがあるのです。

できるだけ優しく肌に触れるように心掛け、洗顔もしっかりと泡立てて優しくマッサージをするように行うことが大切です。乾燥肌にとって何よりも大切なのは保湿重視のスキンケアです。

若いころのニキビとは違うと言うことを意識し、肌に合ったスキンケアをしっかりと行うことで、じょじょにニキビが改善していくはずです。

pagetop